早く売りたい!マンション売却の流れを知ろう

媒介契約について

積み木と紙幣

契約の特徴

不動産会社に所有している中古マンションの販売活動をしてもらうには、媒介契約を結ぶ必要があります。そして媒介契約にはいくつかの種類があります。沢山の不動産会社に中古マンションの販売活動をしてもらえるのが、一般媒介契約です。一つの不動産会社に決められない場合は、一般媒介契約がお勧めです。そうすれば一度に沢山の不動産会社が、中古マンションを売るために働いてくれます。各不動産会社のホームページはもちろんのこと、チラシ、情報誌などに広告が掲載されるので、多くの人に目がつきやすく、宣伝効果は抜群です。一つだけの不動産会社と媒介契約を結ぶのが、専任媒介契約や専属専任媒介契約です。専任媒介も専属専任媒介も、契約期間が3か月と決められています。契約期間の間は、他の不動産会社と媒介契約を結ぶことは禁止されます。また、専属専任媒介契約の場合は、自分自身で中古マンションの販売活動をすることも禁止です。また、専任媒介契約は2週間に一回以上の、専属専任媒介契約の場合は1週間に一回以上の販売活動の状況報告義務があります。一般媒介契約は特に報告義務がないので、売るためにどういう販売活動をしているのかわからないことが多いです。しかし、専任媒介や専属専任媒介の場合はどういう状況なのか分かります。それに期間内に売るために営業マンが頑張って働いてくれます。そうしたことから、短期間で売るなら専任媒介や専属専任媒介がお勧めです。