早く売りたい!マンション売却の流れを知ろう

積み木と紙幣

媒介契約について

媒介契約とは、不動産会社に中古マンションを売る相手を探してもらうときに交わす契約です。媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約などの種類があり、それぞれでメリット、デメリットがあります。

マンションを売る流れ

マンション

売却までにすること

中古マンションの売却には流れというのがあります。まずマンションの価値を調べるために査定を行います。大阪の中古マンションなら、大阪でマンション売却を得意にしている不動産会社に査定依頼するのがお勧めです。査定の基準は不動産会社によって違うので、沢山の大阪の不動産会社に査定を依頼することが大切です。実際にマンション売却活動をするのは不動産会社です。そのため、どこの不動産会社と媒介契約をするかは、とても重要です。媒介契約には沢山の不動産会社と契約をする一般媒介契約と、一つの不動産会社と契約をする専任媒介契約があります。とくに売却期限を決めていないなら一般媒介契約が、早く売却したいなら専任媒介契約がお勧めです。中古マンションの売却情報が大阪のチラシやネットに掲載されると、購入希望者からの問い合わせがあります。そうした問い合わせの対応をしてくれるのも不動産会社です。マンションの持ち主としては、いつ見学に来てもらってもいいように、常に部屋を綺麗にしておくことが大切です。住みながらマンション売却をする場合は、普段の生活空間を見られることになります。印象が悪いと売却まで至らなくなるので注意が必要です。見学して気に入ってもらえたら、細かい条件交渉をして、売り主、買い主同意のもとで、不動産会社で売買契約を交わします。マンション売却が成功したら、不動産会社に成功報酬として仲介手数料を支払うのが一般的です。そして買い主から代金をすべて受け取ったら、マンションを譲渡します。

婦人

賃貸が多い

黒瀬付近で不動産を探すのなら、一人暮らし向けの賃貸アパートやマンションがお勧めです。これらの情報量が多いからです。しかし、家族向けの新築戸建てや中古戸建てもあります。目的に適した不動産情報を収集しましょう。

積み木のマンション

購入希望者を探して契約

マンション売却の時は法的な手続きを正しく行わなければなりません。通常は不動産仲介業者に依頼して購入希望者を見つけて売買契約と登記を行いますが、自分で相手を探して自分で登記することで売買取引を行うことも可能です。